シェアしよう!
Share on Facebook

text_joseikin

ボランティア・市民活動支援総合基金 

 夢応援ファンド2020年度特別助成金 10万円

・・・・・・・・・・

さわやか福祉財団 つながろう、心で 広げよう、笑顔の助け合い!

  『地域助け合い基金 』で、コロナ禍を乗り越えて共生社会へ   

    Ⅲ 地域の助け合いを維持・発展する活動部門 15万円

                 合計25万円

  2月から、コロナ禍が徐々に深刻になる中、COS下北沢は利用者さんの自主的判断とCOS下北沢の出来る範囲の対策を取る中で、地域の居場所、拠点として運営を進めてきました。

■ さすがに4月5月は、自粛要請を受け、ご利用される方はいらっしゃいませんでした。致し方なかったかと思っています。事業者は、一時預かり保育てぃんかぁべるは世田谷区の要請に沿って営業。おかず宅配グループ菜も、メンバー間での調整や、細心の注意を払って日頃からのエッセンシャルワークを継続。利用者の皆様から感謝とエールをいただいています。その他の事業体もそれぞれのスタンスで営業を続けています。

 6月からは、自粛生活ばかりでは、かえって体調不良の可能性もありうるとの理由から、活動再開の団体も出てきています。NPO法人コスファとしては、主催者の不安の声も聴きながら、ともに出来るだけの配慮と応援体制で臨んでいます。

 そういった気持ちと継続的な営業を実践するために、まちづくり活動、地域拠点活動を支援してくださる助成金があるとのことで、応募しましたところ、助成を受けることができました。申請から助成金が振り込まれるまでの期間は2週間足らずでした。素早い対応に感謝です。

■ 助成金は全国の皆様からのご寄付が原資です。ますます先行き不透明のコロナ禍に負けずに頑張るための資金ではありますが、コロナ禍に限らず、一人ひとり、互いを思いやり、尊重し合う社会の実現のための活動だと思いますので、多くの方のご意思にかなうよう、またNPO法人コスファの理念の継続のために、有効に活用していきます。

■ 今回の申請にあたっては、日ごろからお世話になている一般財団世田谷トラストまちづくりや、世田谷区社会福祉協議会(北沢地域)の皆様にもお世話になりました。

 ささやかですが、今後の活動は、この場でもその都度ご報告していくつもりです。

東京ボランティア市民活動センター HP http:www.tvac.or.jp/

さわやか福祉財団 HP https://www.sawayakazaidan.or.jp/covid19-donate/subsidy_list/

 

Share on Facebook