シェアしよう!
Share on Facebook

 いつもきれいにお花が絶えないてぃんかぁべるの花壇。真ん中にはシンボルツリーのドイツトウヒ、とても大きくなりました。

 ところが、2年ほど前、シロアリ発見。小さな人たちが通る場所なので、人体・環境にやさしい処置でなければなりません。いよいよ補修することになりました。

設計にかかわり、何かとお世話になっている有限会社ペンギンデザインオフィス松尾さん、てぃんかぁべるの要望に沿って、業者さんに依頼。事前に材に防腐剤塗装を済ませて養生なし、当日作業のみに。作業も夕方のお迎え時間までには終わらせていただくよう、また人の出入りがあるときは手を止めるなど配慮しての作業をお願いしていただきました。こんなところがCOS下北沢の素晴らしいところ、ですよね ;-)

作業の内容と手順は 門扉に近い部分は斜め材(頬杖)の交換。花壇外側(ずいぶんやられてますね)、塀の縦材の下端が土について傷み始めているので、少しカットし振れどめの横材をつける作業です。そして、完成 good❕

補修後のシロアリ予防措置も、安全な方法を業者さんと相談しながら、実施予定です。

Image全体をはずしImageずいぶん朽ちてます Imageすごいことに Imageお隣との境も丁寧に Image完成

↑松尾さんの解説とてぃんかぁべる撮影の写真から

 

Share on Facebook